会社案内

挨拶

19世紀に開発された「組織培養技術」は20世紀に入り動物の組織から採取した様々な細胞を試験管の中で培養する「細胞培養技術」へと大きく進歩してきました。この細胞培養技術は癌疾患やウイルス感染症の研究に大きく貢献すると共に培養細胞を用いたワクチンの製造に道を開いてきました。21世紀に入り、体の組織を構成する細胞や様々な臓器の細胞に変化できるES細胞やiPS細胞の体外培養が可能になったことにより、再生細胞医療に希望の道が開かれました。このようなバイオ医療の発展に伴い、細胞の体外培養に欠かせない細胞培養液は安全な再生細胞医療を実現するための極めて重要な材料になりました。

弊社は長年にわたる細胞培養液の研究開発から得たノウハウを活用して高性能な細胞培養液の開発を続け、再生細胞医学とバイオ医薬品の発展に貢献していきます。

代表取締役社長 佐藤 威

会社概要

会社代表
代表取締役会長 德田 昌則(東北大学名誉教授)
代表取締役社長 佐藤  威
本  社
〒989-3212
仙台市青葉区芋沢権現森山82-16
TEL. 022-343-5116
URL : www.cellscience.co.jp
資本金
1,000万円
設 立
2015年4月10日
従業員数
9名(2019年5月現在)
取引銀行
みずほ銀行、杜の都信用金庫

アクセス

交通手段、経路

仙台市営バスご利用の場合
仙台駅前バスターミナル15番乗場より…約40分(片道390円)
大学病院経由「南吉成・国見ケ丘一丁目」または「南吉成・中山台・実沢」行き「南吉成5丁目」
下車、徒歩約15分。
※注意:880系統です。870系統ではありません。
タクシーご利用の場合
仙台駅前タクシープールより…約20分(3,000円程度)
仙山線国見駅前より…約10分(1,500円程度)
平和交通株式会社 TEL:0120-60-0395
東北自動車道ご利用の場合
仙台宮城ICより…約10分
  • 1.仙台宮城ICから山形作並方面出口へ。
  • 2.交差点を泉中央方面へ左折。
  • 3.折立交差点を泉中央方面へ右折。
  • 4.坂を登りきり右側にK’sデンキ、左側にENEOSガソリンスタンドのある交差点を左折。
  • 5.その後信号を2つ直進し、高速道路にかかる橋を渡った直後、左折。
PAGE TOP